無料ブログはココログ

« 仙台お土産。 | トップページ | 数日後の緑。 »

2011年10月12日 (水)

今日は、診察日。

今日は、定期的な診察日でした。

お忙しい先生にも、

ブログを見ていただいているとのことで恐縮ですcoldsweats01

私の病気に関する、つたない記事に、

「患者さん側の気持ちが、よくわかります。

こちら側からだけでは、わからないことなど、新しい発見がありますhappy01。」

こんな感じで、

毎回、褒めていただきますが、

とんでもない、お恥ずかしいかぎりですcoldsweats02

先生は、いつでも、謙虚さと患者に対する心遣いいっぱいです。

私も数十年生きてきてますと、

いろいろなお医者さんに出会ってきました。

ある先生には、

「こんなこと、聞いてもいいかな・・。」

「先生の気分を害さないかなあ。」などと考えて、

診察室に入るものの、

すごく忙しそうにしておられると、

「ああ、聞けなかった・・sweat02。」とぐずぐずすることもありました。

・・

でも、今の主治医の先生には、

お会いするのが楽しみなほどです。

先生のほうから、患者の気持ちに歩み寄ってくださるからです。

それが、いろいろな細かいご配慮から、伝わります。

主治医の先生は、がん治療に向かっていく患者にとって、

なによりも大きな存在です。

すべて、おまかせしよう、

先生がおっしゃるのであれば、まちがいないのだ、と思えるような

信頼関係は、患者にとって、本当に幸せなことです。

いつもありがとうございます。

・・

以前も書きましたが、

ブログのカテゴリーでも分けている、

「特別支援」と「乳がん」

ちがうように見えて、

その関係性は、そっくりです。

「支援者と要支援者」「医療スタッフと患者」。

違う環境にあるものが、がんを患うことで、

ひとつのものにみえてくることがあります。

そうすると、私自身が信頼している主治医の先生から、

上記のように、接し方を患者として学べることは、

本当に貴重な経験ですし、

また、マッチとのことに支援者というか、親として、

なにか、それを活かすことも、また貴重な経験ですよね。

どちらのカテゴリーにもいる私ならでは・・のおトクな体験かもしれませんね。

Orchid

« 仙台お土産。 | トップページ | 数日後の緑。 »

特別支援」カテゴリの記事

乳がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/42466560

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は、診察日。:

« 仙台お土産。 | トップページ | 数日後の緑。 »