無料ブログはココログ

« お江戸へスリップ。 | トップページ | さぬきひめ。 »

2012年1月13日 (金)

生まれる前から。

マッチが、お腹にいた頃のことです。

だんだんと動くようになって、とってもうれしかった頃。

ある日、ピクッ・・・ピクッ・・・断続的に、1~2分動きました。

それから、時々そういうことがあって、これは・・・

「しゃっくり」だと気づきましたflair

病院の超音波検査の時にも、偶然映って、

「しゃっくり中ですねhappy01。」と先生にも言われたことがありました。

外からさわっても、「しゃく・・・しゃく・・」ってやっているのがわかるようになって、

きゃあhappy02かわいいsign01なでなでpaper、いつも喜んでいました。

実際に、生まれてからも、よく「しゃっくり」をする赤ちゃんだったんです。

・・・

あと、よく反応して、お腹を蹴っていた音が2つあります。

ひとつは、スーパーのレジ袋のカサカサという音。

夫が買い物をして帰ってくると、いつも反応していました。

初め、夫が帰るのがわかるのかと思っていましたが、

レジ袋の音を近くで聞かせると、動くのに気づき、

ちょっと残念で、でもおもしろくもありました。

そしてもうひとつ、それ以上に反応していた音が、

電子機器の音です。

電子音。

たとえば、レジのピッという音、ゲームの音、レンジの音、電子辞書の音・・・。

そのたびに、ポンポン蹴っていました。

なんといっても、いちばんは、

スーパーで、横を通り抜けることがあったゲームセンターの音です。

もう、あまりにあからさまに蹴るので、

おもしろくなり、

一度その場を離れてみる・・・お腹も静かになる・・・

もう一度ゲーセンに近づく・・・少しずつ蹴り始める・・・

ゲーセンに入る・・・ドスドス蹴るsmile

と、試してよく遊んだりしていました。

・・

逆子だったので、なんとかひっくり返って~sweat02と毎日運動したり、話しかけていたら、

ぐるり~んwobbly

って、思いっきり、ひっくり返ってくれたこともありました。

もちろん、本人にそのつもりはなかったと思いますがcoldsweats01

その時は、通じた?喜びでいっぱいで、今でもその感覚をおぼえています。

そうこうするうち、予定日が近づくと、赤ちゃんって、だんだんと動かなくなります。

それが、本当にさびしくてたまりませんでしたweep

あの頃、もう、マッチはマッチ、私とはちがうってことを実感していたのに、

いつから、マッチのことは全部、マッチ以上に私が知っている、

なんて、妙な自信に変わって行ったのかな。

母と子どもって、不思議ですthink

« お江戸へスリップ。 | トップページ | さぬきひめ。 »

支援機器」カテゴリの記事

特別支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/43724494

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれる前から。:

« お江戸へスリップ。 | トップページ | さぬきひめ。 »