« 国盗り物語。 | トップページ | ダンス。 »

2012年2月23日 (木)

治療のつづき。

手術して、抗がん剤治療したでしょう。

実は、治療はそれで終わりではないんです。

乳がんにもいろいろなタイプがあるんですが、

私は、よく言えば、そのあとも治療を続けることができるタイプ。

治療というより、どちらかといえば、予防のために10年間続けられるんです。

「ホルモン療法」といいます。

がんのえさとなる女性ホルモンを抑えるものです。

ちょっと恐い名前で、不安もありました。

もし、副作用が出ても、続けなきゃいけないのなら、長いなあ、

それに女性ホルモン抑えちゃったら、

背も高いのに、男の人と間違われたらいやだなとか・・・coldsweats01

この治療に入る前に思っていました。

主治医の先生には、

「そんなことないよ~happy01、私の知っている患者さんもなにも変わりなく治療されてますよ。」

って言っていただいたので、かなり安心して治療を始めました。

内服薬を1日1回1粒飲むだけなんです。

Kusuri

副作用は、どの薬でもそうですが、

ある人もない人もいます。

私はといえば・・・まず、関節痛がありました。

あと、ホットフラッシュ、かっこいいネーミングでしょsmile

「ホ~ットォ~!フラアァッシュッ!!」って

なんか、かわかっこいい攻撃ビームthunderが出せそうな感じしません?bleah

はは、私たちは、「ホトフラ」とか言ってますが、

実は、突然顔がボッと赤くなったり(*´ェ`*)することです。

体温調節が上手にできないみたいですね。

もし、顔の赤い私を見ても、「よっぱらい?」とか思わないで、

優しい目でみてくださいねwink

逆に、私、酔っぱらっても顔色変わりませんのでね。

話をもどして・・顔が赤くなっても別になんでもないんですけど、

ただ、肌が乾燥しそうでいやでしょう、

それは、いつもより念入りにマッサージに美容液ですねえconfident

・・・私の場合、それくらいです。

内面も特に変化したところは思い当たりません。

眠れない方や気分が落ち込みがちという方もいらっしゃるようですが、

私の場合は、以前より超爆睡していますしsleepy

気持ちも以前より、なぜか細かいことが気にならなくなって(いいことなのか・・sign02

過ごしやすいくらいです。

定期的に主治医の診察を受けていますから、

その時にも相談できる安心感があります。

関節痛については、

すぐに、先生が、同じ薬効のこの写真の薬に切り替えてくださってから、

今は、ほとんどなくなりました。

いくつかのメーカーから同じ効果のある薬が出ていて、

別のものに切り替えることで、副作用が軽くなることがあるみたいです。

副作用軽減の漢方薬もあるそうなので、安心していますhappy01

というわけで、この治療を始めて1年と数か月、

悩みなく、普通~の生活を元気に送っているんです。

あ、今のところ男の人に間違われたこともありませんよ、念のためvirgo

« 国盗り物語。 | トップページ | ダンス。 »

乳がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/44229252

この記事へのトラックバック一覧です: 治療のつづき。:

« 国盗り物語。 | トップページ | ダンス。 »