無料ブログはココログ

« テープ。 | トップページ | 春Ver. »

2012年3月30日 (金)

マッチ、散髪屋さんへ行く。

昨日、マッチは、ひとりで近所の散髪屋さんに行きました。

散髪屋さんに母と通い始めたのは、いつだっけ・・

えっと、以前の記事をご覧くださいcoldsweats01

昨春の散髪

次回こそは、ひとりで行かせようと思いつつ、

昨日まで延びていたチャレンジcoldsweats02

数日前に予約をしておいて・・・

じゃ、マッチいってらっしゃい(゚ー゚;。

顔で笑っているものの、内心どきどきの母にくらべ、

新しいことにチャレンジするときのマッチは、

いつもとてもうれしそうに、にこにこ(*^▽^*)なんですよね。

張りきって、読み上げペンであいさつをして、手を振ってpaper、出かけます。

今、出ました、よろしくお願いしますsweat01、と電話をすると・・

「はいは~い、了解ですhappy01。」と散髪屋さん。

はあ、ドキドキ、大丈夫かな~、ちゃんと、行ったかな・・・think

まさか、どこか、ちがうところへ行っちゃうんじゃ・・・coldsweats02

いやいや大丈夫、GPSも持ってるし・・・coldsweats01

でも、まさかまさか、なにかに見とれて、車にはねられちゃったり・・・ヒィー(((゚Д゚)))。

そんな不安のなか・・~(°°;)))オロオロ(((;°°)~・・・、ガマンの時間がしばし流れ・・・

マッチは帰ってきました。ピカピカの髪で。

うれしそうな笑顔で(゚▽゚*)。

それから、散髪屋さんに、また電話して←何度もsweat02

でも電話せずにいられなかったんです、

お礼を言ったら・・

「なにがですか?全然、中学生男子でしたよ。こちらこそまたお願いしま~す。」

感謝、感謝です。

障がい児と地域や社会とのつながり、ノーマライゼーション・・・

そういう難しいことはとりあえず置いといて、

とてもうれしく感激しました。

いつかひとりで外出できる日がくること自体、

あんまり現実的なものではないように思ってきました。

マッチが、なにかできるようになるには、時間がかかったり、

周囲の理解が必要になることが多いけど、

でも、そうやって、できるようになった時の喜びは、やっぱり特別なものです。

私の思い込みだけで、マッチの可能性を閉ざしたくないなぁ、と

改めて思ったできごとでした。

Pikapika

« テープ。 | トップページ | 春Ver. »

支援機器」カテゴリの記事

特別支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/44663878

この記事へのトラックバック一覧です: マッチ、散髪屋さんへ行く。:

« テープ。 | トップページ | 春Ver. »