« セルフうどん店にて(その1)。 | トップページ | 「どらいぶする」。 »

2012年4月 9日 (月)

セルフうどん店にて(その2)。

その1からのつづきです。)

セルフうどんについて、少し説明しますねhappy01

だいたいまず、列に並び、お盆を取り、

うどんの種類や量を選び、カウンター越しに注文、

それをもらって、カウンターを移動する間にトッピングを選び、

レジで支払い、ねぎやしょうが、天かすなどを好みで入れて仕上げ、

自分で席に運び、おいしく食べ、自分で片づける・・・

お店によっては、自分で麺を温めたり、だしをかけるところもあります。

それで、マッチの注文について、話を戻しますと、

支援機器じゃ伝わらないんなら、

アナログに戻してみればいいかも、と思いました。

ということで、マッチお気に入り注文メニューを作ってプリントアウト。

Udon_kudasai

ラミネートして作ったのが、こちらでございます。

Udon_kudasai_2

メニューの数、つまりカードの数はこれくらいから、スタートしました。

ちなみに、このリング、小さいほうがクルクル回しやすいみたいですよ。

わあ、できた、できたよ、マッチflair

もっと早く作ればよかったよねcoldsweats02

それじゃ、早速使ってみようhappy01

うどん屋さんへGOsign01GOsign03

Udon_wo_tabeyo_3

どきどき、チャレンジnote

Dore_ni_siyo
迷って、

Kore_kudasai

Kore_kudasai_2_3

マッチは、声(聞き取れませんが)とともに伝えました。

結果・・

伝わりましたよ~flair

ちょっと不思議そうにされましたがsmile、ありがたいことに伝わりましたwink

初めての試みなのに、マッチ、頑張りました。

ただ、準備の問題点に気づきました。・・・小さすぎたのねcoldsweats02

カードをお店の人に、一旦渡す格好になっちゃいました。

そうすると、マッチが選んだカードと違うカードを読まれちゃうかもしれない。

これは、少し改良したほうがいいですね。

それでも、満足そうに完食したマッチですdelicious

うどん店に行くチャンスはいっぱいだから、

また、リトライしましょうflair

VOCAもツールも、使いながら、改良していけば、

マッチのオーダーメイドになってくれるはずです。

そのうち、お店の人たちにも、マッチのこと、知ってもらえますよねsmile

LET’S GOsign01GOsign03

(この記事は時折続いていくと思われます。

マッチが、スムーズに注文できるまで、

そして、できれば、ひとりで利用できるまで~shineshine。)

« セルフうどん店にて(その1)。 | トップページ | 「どらいぶする」。 »

支援機器」カテゴリの記事

特別支援」カテゴリの記事

グルメ・ファッション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/44795454

この記事へのトラックバック一覧です: セルフうどん店にて(その2)。:

« セルフうどん店にて(その1)。 | トップページ | 「どらいぶする」。 »