無料ブログはココログ

« 井戸端会議。 | トップページ | 肩こり。 »

2012年6月14日 (木)

マッチ作。

マッチがひとりでパソコン入力練習したものpcをコピペしてみました。

漢字に読みがなつきの見本を見ながら、入力したものです。

①ドイツ北部、バルト海に、面した小都市ヴィスマールは、中世の商人たちにより、作られた町で、門に揚げられた赤と白の縞模様はハンザ同盟の紋章である。港に係留されている大きな帆船ヴィッセマーラ号は、コッケ船と呼ばれるハンザ同盟の船で、11年前に海底から発見され、町の人々の手によって復元された。

 

中世後期、ハンザ同盟はドイツ北部を中心に北海からバルト海にかけての沿岸諸都市が遠隔地域の商業発展と共通の利益保護のため結集した同盟で、政治的にも最大勢力を誇った。

 

昔のドイツ語で「ハンザ」(Hanza)が「群れ」を意味するように、同じ目的の同業者が自らの利権のために結びつきを求めた組織であり、12世紀の発祥当時は外国に特権を獲得した商人の同業者組織をさしたが、その後、都市の同盟へと発展し、1356年から正式に「ドイツ=ハンザ」と称されるようになった。

 

②アメリカのあるクリニックの調査で、楽観的な人ほど健康で長生きするという結果が出た。

 

楽観的な人は、ストレスに上手に対処し、失敗してもそれがいつまでも尾を引くとは考えず、現実を把握し、状況の改善や好転のために行動を起こす。ただし、どうしようもない状況は受け入れるようにすることも忘れない。このクリニックでは最初のstepとして「毎日、自分に起きた良いことを3つ書き留めてみるように」と提案している。

 

早速、息子に「今日は、どんな良いことがあったかい?」と聞いてみた。「そうだねぇ。まず、給食が大好きなカレーだったこと、おやつが食べたかったプリンだったこと、えーと、

それから、おばあちゃんから桃が送ってきたから、明日のおやつは桃ということかな」

と答えた。食べることに幸せを感じるのは大人も子供も変わらないようだ。

 

マッチはほとんど意味がわからないままに打っていると思います。

例えるなら・・・私がアラビア語を打つがごとく・・think

いや、マッチはひらがなや漢字自体は知っていると思うので、

私がフランス語を打つがごとしでしょうかcoldsweats01

張りきって打ってますよ~。「大人なカンジ」がわかるみたいです。

後半疲れてきちゃいますが。

これは、だいたい40分ほどで完成しました。

各文節ごとに分けて変換することで、少しでも時間短縮できるように練習中です。

見本に変換の場所を書き込んでいますが、

なかなか難しいんです。

マッチは、漢字なら漢字で、1回ずつ変換かけたいみたいで・・・

たとえば、

「楽観的な」なら、「らっかんてきな」と打って変換してほしいところを、

マッチは、「らっかん」「てき」「な」という具合に細かく変換をかけてしまいます。

クセにもなっているんですね。

新たに覚え直すことはなかなか難しいです。

でも最後の方には、お?とラクさと速さに気づいてくれたらしく

少しだけ文節で分けることができていました。

マッチは「資格」などについては、はっきりとはわかっていないと思います。

パソコンが好きで、操作を知ろうという意識で、練習しているようです。

それがいちばんだと思います。

« 井戸端会議。 | トップページ | 肩こり。 »

支援機器」カテゴリの記事

特別支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/45650777

この記事へのトラックバック一覧です: マッチ作。:

« 井戸端会議。 | トップページ | 肩こり。 »