無料ブログはココログ

« 机の主。 | トップページ | なんの試験。 »

2012年6月 7日 (木)

気づかれない。

抗がん剤中は、髪がなかったために、ウィッグだったんですよ。

一昨年以降に知り合った方は、ウィッグの私しかご存じないわけです。

主治医の先生からは、

抗がん剤治療が終わったら、

絶対生えてくるからねとうかがっていたものの、

治療終了後も、

ホルモン治療は続けるため、どうなるかな、と思っていたら、

先生の言葉通り、数か月で元通りになりました

もともと髪の量が多いのですが、そのままに元通り

でも、予想以上にウィッグが気に入っていたし、

ネットなどで、公言しているわりに、

周りに病気のことは、一部の人にしか伝えていないので、

しばらくウィッグ生活を続け・・・

この春、2年数か月ぶりに美容院に行き、

ようやく自分の髪を再デビューさせましたぁ

わ~いはりきって、外出~

しかし・・・

みんなに無視される毎日!! 

誰も、私って気づいてくれない

こちらから、いつも通りあいさつしてるのに、

近所の人や学校のママ友も、

よく行くお店の人も、知り合いも・・・

みんな怪訝そうにこちらを見るだけ。

私よ、わ・た・しと言うと、

・・・。ああ!誰かと思ったあ

そして、

どうした?なにがあった?なにかいやなことがあって、髪切ったのぉ~?

って聞いてくれたり、

それだけ、短くしたら、誰だかわからないよ。すごく切ってパーマかけたんだねぇ。

って言われます。

いや、ちがうし、逆だし、髪すごく伸びてるし

という言葉を飲み込み

「あぁ、うん、まあ。いや別に、いやなことはないけど、変えてみた。」と

ウソではない言葉をさがして、伝えています。

いえ、別に隠すつもりはまったくありません。

むしろ、知っていただいたらいいのですが、

私ね、実は、抗がん剤で髪が1回全部抜けちゃったんだよね~ 

だから、切ったんじゃないよ、伸びてるところ」って、

どんなに明るく言ってみても、

本人が思うより、相手に与えるインパクトが強すぎるかなと、

申し訳ない気持ちになるんです。

それで、

あはは・・・と苦笑いのやり取りが続きます。

何年来のロング、そしてウィッグのミディアムに慣れているのは、

私じゃなく、周りの人たちだったってこともわかりました。

私には、自分が見えないので、みんなの驚きぶりに驚いてしまいます!(・oノ)ノ。

これも滅多に味わえない楽しく貴重な経験かもしれません

でも早く、今の髪型も浸透してほしいなあ

ちなみにパーマは全然かけていません。まったくの天然ものなんです

Nobitanndesu

もともとウィッグだったことを知っている人は、

「新しいウィッグ?」と聞いてくれることもありますが、

これは本物です。

« 机の主。 | トップページ | なんの試験。 »

乳がん」カテゴリの記事

グルメ・ファッション」カテゴリの記事

自分」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気づかれない。:

« 机の主。 | トップページ | なんの試験。 »