« 通学(前編)。 | トップページ | 通学(番外編) »

2012年10月 3日 (水)

通学(後編)。

(前編のつづきです。)

そこには、にこにこ顔のマッチがhappy01

マッチは、友人たちのあとをついて、やはり自宅に向かっていたようです。

友人たちの話によると、

信号も守って、道路の右端を静かに歩いていたそうです。

その時、マッチは、ひとりで歩きたかったんだなとようやく気づきましたflair

友人たちのように、母の力なしで、ひとりで歩きたかったんだな、と。

そして、本人にはその自信ももう充分にあったのだと思います。

でも、非常に車の行き来が多く、危なくて、

小学校のあいだは、どうしてもひとりで帰らせる気持ちにはなれませんでしたdespair

そして中学部へ入学し、マッチは、今、40分かけて、自主通学をしています。

練習にはいろいろありました。

いっしょに通学して、少しずつ距離をあけていきました。

途中まで送ったり、途中まで迎えに行ったり、

そして、その間を尾行したりしましたsmile

時には、支援の方の力を借りて尾行してもらったり。(私だとすぐバレちゃうので。)

マッチは信号を守り、車が来たら、ぴたと止まったりしているし、

前後左右の確認もできているし、

GPSもあるので、

もう大丈夫だ!と思うものの、いざ、となったら、

不安で、再び尾行してみたり、

最後の思い切りがなかなかつきませんでした。

いよいよ初めて、マッチがひとりで家に帰ってきた時には・・・泣けましたweep

安堵と感激が入り混じって。いろいろ思い出されました。

でもね、そういう今だって、

「ちゃんと学校に着いたかな、

車にひかれていないかな」と

どきどき、はらはら、私は毎日心配しない日はなく、

いっそのこと、送迎しちゃえばラクじゃん!と思うときもあります。

でも、念願の自主通学は、本当にうれしそうhappy01

自信満々( ̄ー ̄)ニヤリ。

その表情を見るたび、この心配も親の役目なのかもしれないと思っています。

Okaeriii_4

↑写真は、マッチひとり下校のときのものです。

遠くからの撮影で小さいですが、家に向かって、

道路のほんと~~に右の端をまっすぐに歩いて来ていました。

« 通学(前編)。 | トップページ | 通学(番外編) »

特別支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/47266857

この記事へのトラックバック一覧です: 通学(後編)。:

« 通学(前編)。 | トップページ | 通学(番外編) »