無料ブログはココログ

« 視覚支援でもの申す(マッチVer.)。 | トップページ | Happy Holidays!! »

2012年12月19日 (水)

サツカン。

「サツカン」

お札の勘定について、いろいろ思い出したので、記事にしてみます。

正しい方法を知っていると、集金のときなど、結構ベンリですよ

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

銀行員は、学校を卒業後、入行(入社)前に、

全員が、教育係からサツカン猛特訓を受けます。

100枚の作り物のお札を、

いかに正確に速く勘定できるか、を叩き込まれます。

現金、その場かぎり

いちばんはじめに習う言葉です。

その場で正しい勘定ややり取りができなければ、

あとでどんなに「すみません、間違えました!」と言っても、

もう水掛け論になり、遅いよ!!ということなんです。

ですから、お札の勘定は、お客様の信頼を得るためにもとっても大切。

美しいサツカンは、それだけで、説得力があって、

同業からもあこがれの的です。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

お札を数える時、紙幣のヨコの長い部分を、

横から、指にはさむ方が多いんですが、

銀行員は、タテの短い部分を底にして、

左手の中指と薬指に縦にはさんで、

くるっと折りつつ、人差し指と親指で持ちます。

ほら、ね┐(´д`)┌?

文だけって、ややこしい~(ノ∀`) 。

わかりやすく説明するのも難しい~(ノ_- )。

さあ、便利な視覚支援をどうぞ~

①まずは、指にはさみます。

Satukan_mazu

お札の短い側を底に、中指と薬指の間にはさむんですよ。

②くるっと折って、人差し指と親指でおさえます。

Satukan_tugiha

準備完了しました。

③さ、数えます。

Satukanjyou_4

右手の親指はハジくのではなくて、

ただ下へずらすだけ。

右手の薬指で、お札のウラから押して、補助します。

はじめ、ちょっとやりづらいんですが、

この方法が、もっとも速く正確に数えられます。

最後に、「パチン」と音を出して、最後の1枚を確認すれば、かっくいいです

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

数枚なら簡単でも、100枚を安定して、

折り曲げホールドするのは至難の業。

銀行員のたまごたち、はじめのうちは、あっちでも、こっちでも

練習用のお札が舞う、舞う

ひゃあ・・とか、わああ・・・とか、叫びつつ、練習用お札を追いかけ大騒ぎ。

そうやって、少しずつ上達していきます

上達して、基準のスピードを切り始めると、

次は、もうひとつの勘定方法、

よく、クジャクの羽根みたいにバッサバッサ広げて、勘定する

「ヨコ読み」を練習します。

これが、見るのと、やってみるのとでは、雲泥の差、

まっっったく、広がりません

先輩たちがなにげなくやっているかっこいい技を

尊敬のまなざしで見ていました。

それも、練習の成果が結果となってあらわれ、

おぼつかないながら、でき始めると、

今度は、いよいよ本物のお札を勘定します

練習用(作り物)のお札で慣れているので、

本物のお札を持っても、もうさほど、動揺しません。

しかし、何人かは、その束で、隣の席の人の頬を軽くぶってみたり・・・

お決まりの遊びをする人もいましたね

そしてそして、

最終テストでは、教育係の上司が100枚のうち数枚を隠し、

基準秒数以内にそれを正しく勘定します。

合格しなければ、何度も受けなければなりません。

サツカン以外にも、いろいろ学んでから、

ようやく、お店でデビューの運びとなります。

あとは、緊張しないで、いかにできるか・・ですが、

経験の積み重ねです。

よく、経理担当のお客様に、

「サツカン」のしかたを聞かれることがありました。

そのたびに、教えてあげていましたが、

やっぱり、左手で持つところが大変なので、

ほとんどの方が、「やっぱり、もういいや」ってあきらめておられました。

もしよければ、チャレンジしてみてくださいね

« 視覚支援でもの申す(マッチVer.)。 | トップページ | Happy Holidays!! »

自分」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サツカン。:

« 視覚支援でもの申す(マッチVer.)。 | トップページ | Happy Holidays!! »