« 選挙の結果。 | トップページ | 助詞の妙(後編)。 »

2013年2月 7日 (木)

助詞の妙。

「助詞」の使い方が難しいんですよね、マッチ。

主語を何にするかによって、助詞も動詞も、くるくる変わる日本語の複雑さ。

例題:「ハチに追いかけられる男の人run

「ハチ」を主語にすると、

ハチが男の人を追いかけています。」ですし、

「男の人」を主語にすると、

男の人がハチに追いかけられています。」です。

マッチは時々、主語をどっちにしようか悩んで、結局、

男の人が、ハチが追いかけています。」

「仲良く、何追っかけてるの?」ってツッコミたくなりますがsmile

主語をふたつにしちゃってたり、

はたまた、

男の人が、ハチに追いかけています。」

ああsweat02惜しい。勇敢な男の人っぽくなっちゃったり。

難しいんですgawk

まあ、なんとなく想像はつきますけどね、助詞が間違ってても。

ただ、助詞ってマッチにとっては、すごく便利だと思うんですshineshine

だって、ひらがな1文字で正確に伝えられるので、機器での入力が超簡単です。

「かあちゃんが」と伝えれば、なんとなく、私がしたことっぽいし、

「かあちゃんと」と伝えれば、私となにかするか、したって意味が伝わります。

動詞がなくても伝わることもある、便利な1文字。

マッチは正しく使えて損はないと思うんですよ。

(長くなったので、後編へつづきます。)

« 選挙の結果。 | トップページ | 助詞の妙(後編)。 »

支援機器」カテゴリの記事

特別支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/49239337

この記事へのトラックバック一覧です: 助詞の妙。:

« 選挙の結果。 | トップページ | 助詞の妙(後編)。 »