無料ブログはココログ

« 推す。 | トップページ | 和菓子。 »

2013年9月21日 (土)

あるブログ。

同じ病気を経験した人が書いている「乳がんブログ」が多くあります。

私は、手術後くらいから、時々、そういうブログから、情報をゲットしたり、

純粋にふむふむ、と楽しく読んだりしていました。

そんな時、ひとりの人気のブロガーさんが目にとまりました。

年齢も近く、手術の日もすごく近く、息子さんもマッチと同い年。

明るく、毎日を過ごされている様子に惹かれ、毎日、見に行きました。

だんだん、私もブログを始めてみたいな~と思いました。

私がしてきた治療についても、誰かの参考になるかもしれないし、

書いておきたいな~、と思うようになりました。

もちろん、特別支援についても書きたかったので、

両輪で書いて行こうと思うようになったのも、

先輩ブロガーさんたちのおかげだと思います。

特に、彼女は、とてもがんばり屋で、

主婦業もばっちり、お料理も、お掃除も・・・

手を抜いてばかりの私は、すごいなあと、恥じ入ったり、参考にしたり、

楽しみに読んでいました。

ご家族で旅行やアウトドアにも行かれて、精力的に毎日を送られていました。

そんなある日、彼女が再発したことを知りました。

会ったこともなく、顔もなにも知らないけど、ショックでした。

再びの治療は苦しかったと思いますが、

それでも、彼女は、持ち前の明るさや前向きさで、

息子さんやご家族との生活をとても大切に、

変わらず、生活されている様子でした。

食事療法も徹底され、一度は腫瘍が消えました。

しかし、再再発、

そんななかでも、

母として、妻として、娘として、新しい情報を発信しつづけるブロガーとして、

「まだまだ死ねない」と懸命に治療を続けられました。

つい先日、ブログの更新が滞りましたが、

自分の生活を大切にしておられるにきまってる、と思っていました。

その前の記事も比較的お元気そうだったからです。

そして、先日、彼女が亡くなったことをほかの方のブログで知りました。

信じられませんでした。

ブログを開けば、そこに鮮明に彼女がいるのに、もういなくなってしまった、

あんなに治療をがんばったのに・・・

息子さんはどうされているんだろうか、

彼女は、どんなにか心残りだったかしら・・・と、

胸がしめつけられるようで、ずっと、ブログから離れられませんでした。

でも少し落ち着いて、ようやく考えられるようになりました。

人は、亡くなったら、その「死」について、語られるけれど、

でも、「生」についてこそ、語るべきだと思いました。

その「生」から、学ばなきゃ、と思います。

そうすれば、その人は、ずっと「生きる」ことになるのではないかと思います。

辛く、哀しいことですが、

命あるものはみんな、いつかはなくなってしまいます。

「早すぎる」という言葉は誰に対しても失礼だと思うんです。

「懸命に生きた」事実が、本当に大切、

人の出会いも、奇跡的です。

彼女が明るく前向きに多くのことを残しながら生きぬかれたことに、

心から敬意と哀悼の意を表し、この記事をアップいたします。

Gassyou

« 推す。 | トップページ | 和菓子。 »

乳がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/53327512

この記事へのトラックバック一覧です: あるブログ。:

« 推す。 | トップページ | 和菓子。 »