無料ブログはココログ

« メッセージカード。 | トップページ | 入学。 »

2014年4月 5日 (土)

桜といえば。

私が、源氏物語で印象に残っている桜といえば・・・

「深草の野辺の桜し心あらば 今年ばかりは墨染に咲け」

・・・

正確には、これは古今和歌集の歌みたいです。

源氏が生涯にわたって、誰にも言えないまま、

恋い焦がれつづけた義母「藤壷の宮」。

彼女が死んでしまった時の源氏のセリフです。

「桜よ、もし心があるならば、今年だけは墨色に咲いてくれ。」

あのピンクの桜が源氏の心情を察して、

墨色に咲いている情景が思い浮かぶような気がします。

ちょっと暗いんですけどね、またも色のコントラストが印象的。

ま、古今和歌集の作者の歌ではありますが、

ここに引用したのも紫式部の技量かと思います。

ちなみに、当時、桜といえば、「山桜」ですwobbly

今の桜の派手さとはだいぶちがっていそうですcoldsweats01

やっぱり、源氏物語といえば、桜より「梅」かなぁ。

長い冬を越え、春の訪れを告げる梅は、

可憐で、かぐわしいイメージで描かれます。

« メッセージカード。 | トップページ | 入学。 »

源氏物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/55553987

この記事へのトラックバック一覧です: 桜といえば。:

« メッセージカード。 | トップページ | 入学。 »