« 記録。 | トップページ | 前例。 »

2014年12月16日 (火)

苦言・・・でなく、提案。

一昨日、選挙に行きましたhappy01

私は、選挙権を得てから、行かなかった選挙はありません。

ちょっぴり自慢のベテランです。

しかしながら・・・

わかりづらいdespair

あ、政治のお話ではありませんcoldsweats01

投票用紙」、それに「投票箱」のお話。

はじめに「用紙」についてですが、

まず、受け取るでしょ。

書くでしょ。

投票は個人の権利。

投票内容は誰にも、家族であっても

見せたり、見たり、見られたり、話したり、聞いたりしてはいけないものだと

私は思っているため、

記入した投票用紙は、必ず半分に折るのですが、

この半分に折るのが意外と難しい。

用紙を受け取る時も、

比例代表と、国民審査と両方を渡されても、

どっちがどっちかわからなくなります。

半分に折ったあとは、

真っ白で、これまた、どっちがどっちかわからない。

せめて裏に、「比例」「国民審査」と大きく文字が書かれているとか。

そこへ持ってきて、

」ですけど。

どっちがどっちかわかりづらい用紙を

これまた、どっちがどっちかわかりづらい箱に

それぞれ確実に入れなければならないわかりづらさったらsad

を変えませんか。はっきりとわかりやすく。

投票用紙箱の色を合わせませんか。

用紙や箱の文字を大きく濃くしませんか。

文字+イラストで表示するのもわかりやすそうですし、

文字が書けない人は、文字じゃない方法での投票でもいいように思います。

法律などで、詳細決まっているでしょうけれど・・・

誰もがわかりやすく、迷うことなく、

自らの権利を行使できる

そういう投票会場にしてほしいです。

そういったことに目を向けられる国であってほしいです。

数年後、マッチも自分の思いを投じる会場が、

よりわかりやすくなっていますように。

そして、せっかくの選挙にぜひ行きましょう。

« 記録。 | トップページ | 前例。 »

特別支援」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/58279162

この記事へのトラックバック一覧です: 苦言・・・でなく、提案。:

« 記録。 | トップページ | 前例。 »