無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月27日 (火)

結婚式。

先日、夫が、親戚の結婚式に参加しました。
@軽井沢。

動画や写真を見て、私も感激。

幸せになってねshine





引き出物のほかに、お土産もたくさん〜shine
















2016年9月21日 (水)

希望してみる。

先日のこと、

マッチが伝えてきました。iPad に打っています。

「こんどの土曜日‥」

ん?←私、心の声。実際は無言。

「こんどの土曜日に、ツタヤと健康ランドに‥」

ほうほう。

「こんどの土曜日に、ツタヤと健康ランドに連れていってくださいね。

(^∇^)各方面に叱られるのを覚悟で言えば、かわいすぎる(≧∇≦)

かわいすぎて、ムリしても連れていきたくなりますが、
時間の関係で前者だけかないました。

「このお皿全部運んでくださいね。」
「牛乳買ってきてくださいね。」
「洗濯物かたづけてくださいね。」

『‥してくださいね。』
をつけて、丁寧にしつつ、
ぐいっと希望を伝えるのが親もブームです。
主に、私→夫。

2016年9月20日 (火)

参観。

台風、雨が激しかったですwobbly
マッチは、今日休校でした。

さてさて、先日の土曜日は、フリー参観でしたよ。そのお話です。

昔は、誰が参観してもOKだったみたいですが、
今は、家族限定。
でも、どのクラスの、どの授業を見ても、
いいんです。

いいんですが、マッチの授業しか見ませんsmile
ほかを見る時間がない!
マッチが移動すれば、親も付いて移動する、
追っかけ状態でした。

今回は、音楽や家庭科も見られました。
特に「音楽」は、
音楽の授業で、こんなに、コミュニケーションを促進できるのかと感激しました。

たとえば、楽器や合唱のグループ分け、希望を聞いてくださったり、
どうやって分ける?と分け方を考えて発言する機会を設けられていたり。
もちろん、わかりやすく、書いて伝えてくださる。
先生がピアノだけでなく、
パソコン、スピーカーも使って、演奏されていたのもさすがshine
生徒が本当にイキイキ、楽しんで、参加していました。
英語の曲あり、イタリアの曲あり、
もちろん、マッチのノリノリ具合は、ご想像通りです。

そうそう、曲によって、マッチも歌い方(声の大小)変えていましたhappy01

「みんな上手になったから、次の授業では、楽器増やそうね。」と次の楽しみも。
いいなあ。

♪♪♪

私、最近、思うんですが‥、
学校、変わってきたなあと。(← 偉そうcoldsweats01。)
もちろん、いい意味で。
通常の授業はもちろん、
作業(マッチは屋外)でも、
写真や視覚的な支援が準備されていたり。

変化は、少しずつ。
でも素晴らしいと思いました。
変えていくというのは、難しいことですから。

これから、ますます楽しみですね。
マッチは卒業しちゃうけど〜coldsweats01

2016年9月15日 (木)

月より。

数日前から、マッチ、

9月15日、おつきみ

そ、そうなん⁉︎‥‥ホントだ、中秋の名月。

ということで、おだんご食べました。
月、見えないけどcoldsweats01

月といえばそういえば‥




これ、英語バージョン。
どこかで見た感じでしょう。
これは、超有名な絵本。

こちらが日本語バージョン‥




そうですそうです。




happy01
マッチのお気に入りだった絵本。

英語バージョン。



先月、英文の初見でどれくらい打てるか、という記事を書いたんですが、
その時に、この絵本の英文の一部も打ってもらいました。

なぜなら、一石二鳥、
宿題のポスターも仕上げてもらおうと思ったから。

そして、それらにアビリンの表作成練習も加え、
デザインもなにもなく、
カラフルな紙にプリントアウトして、
貼り付けるだけという、チカラ技で仕上がったポスター。

なんと、どこかに出品されるみたいです。
うーむ、なにが功を奏すかわかりません。

「ぼくは、パソコンが得意です」
マッチの個性が伝わるといいなと思います。










2016年9月11日 (日)

消費税。

全国アビリンの練習を始めた頃のマッチとの会話。

私「マッチくん、この『消費税』っていくらでしょう?
(今の理解度が知りたかったので、わざと「なんパーセント?」とは聞かなかった。)」

マッチ「5

私「5‥?(私の心の声:パーセントかな!?(・_・;?いやいや、それでも間違ってるけど)。」

マッチ「(思い出したふうに)0.5

私「おぉ、惜しい。(惜しくないけど。そんなに取られたら、困る〜(^_^;))」

マッチ「0.05

私「そう、ちょっと前まで0.05でした。わああ、めちゃめちゃ惜しい。(本格的に惜しくなってきた(^o^)。)」

マッチ「‥‥0.03

私「反対だ。もうちょっと大きい(消費税の歴史を遡ってる^_^;。ここまで来たら、本人に絶対、正解言わせる!)」

マッチ「0.07

私「惜しい惜しい、ほんっとにあとちょっとやわ(0.07‥なんか、スパイ映画っぽくてかっこいいな‥(^^))。」

マッチ「0.08

私「(((o(*゚▽゚*)o)))!!イエ〜ス!イェ〜イ!イェアッ!!大正解っ!!
消費税は0.08です。8パーセントと言いま〜す。
かあちゃんね〜、この「8」って数字がいちばんだいすきなんで。だから、マッチも覚えてみてね。」

マッチ「(^◇^)」

これ以来、マッチは消費税入力を間違ったことがありません。ありがたい〜。
興味を持って、しっかり伝わったことは忘れず、活かしていけます。



2016年9月10日 (土)

競技と支援。

アビリンピックの聞き取り書類が次々と。

よく読んで書く、提出。

読んで書く、提出。

ある程度読んで書く、提出。

‥‥よく読まないで書く、提出。
(いい支援者はマネしないでください。)

アビリンって、県選手団で行動するため、
競技の練習だけではなく、
準備が大変なんだなあとわかりました。

移動や宿泊もありますし、
私などは、書類を出すだけですけれども、
それを取り仕切っていただいている自治体の担当の方も、
さぞ大変。

でも、その準備のおかげで、日に日に盛り上がっているマッチ。

さて今さらですが‥‥
競技というのは、
本人のそのチカラ(マッチなら、パソコン入力のチカラ)のみを測るものだと思うんです。

障がいによって、そのチカラをまっすぐに発揮する機会を妨げられたら、
それは、純粋な競技にならないと思っています。

なにが言いたいかといいますと、
マッチがどのような支援を受ければ、
正確にチカラを測ってもらえるか、
適正な支援を考えて伝えておくことが大切なんじゃないかなってことなんです。

それは、たとえば、スケジュール、時間、その他視覚的な支援です。その場での口頭支持だけでは、
マッチはキャッチしづらい。
それは、データ入力のチカラとは、関係のない障がいの部分で、マッチは、測られてしまうことになります。

近眼の方が、「この前に書いている細かい文章の文字を読んでから、入力してくださーい!」と言われるに等しいのではないかと。

今回、どこまで考えていただけるかは、わかりませんけれども。
せっかくの機会ですから、競技環境についての希望をお伝えしました。

マッチが持っているチカラを正当に発揮できるために、
これからも続く大会のために、
ひいては、同じ障がいでこの大会に今後参加しようとする人のために。

障がいが軽度でなくても、
自分の得意な分野で張り切って参加しやすい機会になりますように。









2016年9月 6日 (火)

情報。

きっと、視点が変わります。

少なくとも、
今までの支援が、本当に正しかったんだろうか、
今おこなっている支援は、本当に本人のためになっているんだろうか、と
疑えるようになります。

根拠のない自信と小さな経験がガラガラと崩れ去ります。と言うか、崩される(^_^;)!






いろいろ崩されるけど、それが、おもしろいんです。
笑いながら、新たな視点がうまれてきます。

もし、よろしければ、ぜひどうぞ。
と勝手に載せてみました。
あとは、またネットでお調べくださいね。








« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »