無料ブログはココログ

« マッチ抜歯手術への道、その6(入院、手術準備) | トップページ | マッチ抜歯手術への道、その8(手術後) »

2017年3月15日 (水)

マッチ抜歯手術への道、その7(手術)

病室から、手術室までは、歩いていきます。
エレベーターで降ります。

付き添いができるのは、エレベーターに乗るまでとのことでしたが、
特別な配慮で、
手術室の前まで行けることになりました。

点滴をつけたまま、移動します。
緊張する様子もなく、歩くマッチ。

手術室到着。
何重にも透明なドアが見えます。

「ではここで」
病棟の看護師さん。

手術室の看護師さんへ引き継がれるマッチ。

私のほうを見て、

「いってきます、おかあさん」(私だけにわかるマッチの言葉)

はい、いってらっしゃいhappy01
笑顔で送り出しました…点滴を引っ張りながら、
ドアの向こうへ落ち着いて歩いて進むマッチの背中を見て、
ふいに泣きそうになりましたが、がまんがまん。

あとは、何回も一緒に確認した手順のとおり、




マッチは落ちついてこなせるはず。

うん、あと1時間後には終わってる。
大丈夫大丈夫👌。

私は冷静なつもりでしたが、
帰り道に迷い…エレベーターまでたどりつけず…(;´д`)。
歩いている人(たぶん病院の先生)に聞く始末。

なんとか、エレベーターでひとり病室へ帰ると、
マッチのベッドが運び出されるところでした。

「これで迎えにいきますからね」

1時間。
自動販売機でおいしそうなココアを買って飲んで待つことに決めていました。

時間をかけてゆっくり飲もう。
もうそろそろマッチは寝たかしら。
恐くないかしら。
いやいや、考えない!プロの先生方にお任せするのだ。
ココア飲み終わっても、まだまだ…。
メールを作ったりして、なるべく考えない。

あと少しで1時間。
病室にいてください、と言われたけど、
外が気になり、ドアから顔を出し、
キョロキョロ。

ん?エレベーターの前に、マッチのベッドだけでなく、
たくさんのベッドが並んで、主を待ってる。
なんだか寂しい。早く帰ってこないかな。

また病室に入り、シロクマのごとく、ウロウロ。

1時間経ったころ、
ノック「失礼します」の声。
帰ってきた!

「枕、手術後のものに替えますので、今まで使ってたもの、こちらに置きますね。」

あ…あい…。看護師さんだけが用事で来てくれたのか。

また訪れる静けさ。

1時間10分もきたのに、遅い。なにかあったのかな。
廊下に首を出して
キョロキョロ。帰って来ない…

1時間20分、帰って来ないよ〜(ToT)

ふいに看護師さん登場。
「行きましょう!」

行きましょう?何で帰ってこないの?

「先生から手術室で説明ありますので」

ええ?何か起こったのか、、

関係者専用のエレベーターで手術室へ向かう。

エレベーター のドアが開いたら、
先生が見えた!

「ああ、来た来た!
はいpaperじゃ、お母さん、これね。
きれいなのが上の歯で、割れてるのが下。
全てうまくいってますのでね。
今、麻酔も覚めて、向こうのドアから出てきますからね。」

は…はりがとうございました……
ビニル袋に入ったマッチの歯、受け取りました。

よ、よかった、無事で。
力が抜けた。

しばらく待つと、別のドアから、ベッドに横たわったマッチが看護師さん方に運ばれてきた。
見ると、目が開いてる。

マッチ?

「うん」

頑張ったね。えらいね。

「うん」

酸素マスクと酸素測定、心電図、点滴はありますが、
すっかり意識もあり、痛がる様子もなく、

通常運転。

ベッドに乗ったまま、エレベーターに乗り、病室の関係で、ぐるりと病棟をまわり。マッチキョロキョロ。
まるで、ウィニングラン。無事、病室へ帰りました。







« マッチ抜歯手術への道、その6(入院、手術準備) | トップページ | マッチ抜歯手術への道、その8(手術後) »

支援機器」カテゴリの記事

特別支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1494122/69929779

この記事へのトラックバック一覧です: マッチ抜歯手術への道、その7(手術):

« マッチ抜歯手術への道、その6(入院、手術準備) | トップページ | マッチ抜歯手術への道、その8(手術後) »