無料ブログはココログ

家族

2017年9月11日 (月)

ラジオ体操。

昨日、マッチリクエストにより、
隣の市で行われる
NHKの特別巡回ラジオ体操に参加。

5時起き (−_−;)



生放送。
ピアノの生演奏での体操はいいですね〜。

朝日を浴びながら。



マッチにリクエストされなければ、私、
参加しないと思いますが、← 眠いから(-_-)zzz
なかなかいい時間でしたよ。

700人も参加されていました。

マッチは、
事業所でも毎朝ラジオ体操しているようです。
家でも、録画して、毎日体操するラジオ体操 & みんなの体操マニアです。



いただきました。






2017年8月18日 (金)

呼び名。

最近、マッチに、

〇〇さん

と、下の名前で呼ばれることが増えてきたルトですsmile

たぶん‥
スケジュールに、「かあちゃん」とか、「母」とかではなくて、下の名前で書くからか、

あとは、私の母とマッチが、私について話すときに、
「〇〇さん」と言うからか、

はたまた、かあちゃんと言うのが、恥ずかしいお年頃か‥‥(^。^)。

ちょっと考えたんですけどね、

夫にも、「とうちゃん」と言ったり、

「△△くん」と下の名前で言っていることに鑑みると、

私の母の影響がいちばん大きそうですが。

やっぱり、年齢的なベースも少なからずありそうです。

いずれにしても、
私を個人として尊重してくれているように感じられて、
うれしいですよ〜。







2017年8月13日 (日)

お墓まいり。

お墓まいり。




県内西のほうの灯ろう。かわいいです。

自宅近辺ではまったく別の形の大きくて真っ白な灯ろうが売られ、お墓に飾られています。

ですから、西に行かないと
西の灯ろう買えないんですよね。

今年も、無事ゲットできて、お参りできて、ホッ。













2017年8月10日 (木)

スケジュールと導き出された答え。

お盆休みに突入した我が家。

長めのお休みが久々なためか、

なにがなにやらわからなくなってしまいそうなスケジュール (・・?)。

もう一回頭を整理しようと思い、

日付けに決まった予定をとりあえず書いて、
机の上にしばらく置いていたら、




家族各人が、予定を書きこんでありました(@_@)アラ。

走り書きのため、読みづらいのですが、



ケーキやケンタは私が書いた夫の予定。← 行ってもらうつもり。

小さく書かれたゲオは、夫の自分の予定。← 行くつもり。

それを消して、ツタヤの新店舗に書き直したのは、
マッチです( ^∀^)。← 連れて行ってもらうつもり。

結論:夫が忙しそうである。

ふむ。

読みづらいけど、伝わりました。







2017年8月 5日 (土)

充実。

今日は午後から、


会に参加。

記念講演は、



なんとゴージャスな布陣。
おふたりの先進的なお話を地元で聞けるとは。

感激でしたよ。

分科会にも参加。


そのあとちょっと急いで移動……

その先は、
オオ〜、カマタマーレ〜♪







土壇場カマタマーレの応援に行ったマッチ。

タオルくるくる typhoon

オオ〜、カマタマーレ〜♪
ノリノリの応援でした。

そのおかげか、

2-0の勝利shine

すんばらしい。

点が入ると周りのサポーターとハイタッチ←ちょっと腰がひけつつも。

マッチ行くと勝つなぁ。
大喜びでした。
試合自体も楽しんでいる様子でした。

試合前、マッチは、カマタマーレのパンフレットを見ていました。
マッチとある選手を指さし。



ここ、ここ!と再度ゆっくり指さし。

あ!香川県出身の選手だね〜。応援しよう!
と話していたら、
なんとその選手が得点!!

スタジアムもサポーターもマッチも大盛り上がりでした。


2017年8月 1日 (火)

誕生日。

マッチ、19歳の誕生日でした。

誕生日はいくつになってもうれしそうで
今年も楽しみにしていました。

プレゼントや晩ごはんのメニューも、
だいぶ前から指定されていました。

プレゼントリクエストも、
最近値段考えて伝えてきているのか、
結構妥当なラインの物を提示され、

( ̄^ ̄) オレハ クウキ ヲ ヨムゼ

あまり、母と押したり引いたりの駆け引きなく、
マッチのマッチによるマッチのための誕生日スケジュールが完成smile

そしてありがたいことに、



事業所からもプレゼントをいただいて持ち帰り。




お菓子の詰め合わせ。
偏食マッチの大好きなものばかりでした😍。
なかなか難しいマッチの好み、よく知ってもらってる。ありがたいです。

晩ごはんの仕上げにいちごケーキを食べて、





幸せそうな誕生日を満喫していました。








2017年7月30日 (日)

夏。

今年も行きました。




海。

楽しかったです。




たは。


2017年7月12日 (水)

無言のむこう側。

週末に夫と買い物に行きました。
買い物あまり好きじゃないマッチは、クーラーをきかせた部屋で留守番。

玄関まで、「いってらっしゃい」
と見送ってくれます。

じゃ、お昼には帰るから、お腹すいたらお菓子どうぞ〜。

「うん、うん」「いってらっしゃい」

文字にすると可愛らしいのですが、
実際は、

(-᷅_-᷄๑) ハヤク イキナヨ。サッサト イキナヨ。

というテンションです。

それで、出かけ、
買い物するうち、少し遅くなってしまい、
1時過ぎくらいの帰宅に。

ありゃー、ごめんね、マッチ、ちょっと遅くなっちゃった。

玄関まで迎えに出てくれたマッチ。

「……。」← 無言。

ごめんね〜、すぐご飯にするわ。
家族でおいしく食べました。

その翌日のこと、
マッチは夫と室内プールに出かけ、
帰宅が、1時半くらいに。

はあ、朝食が遅かったし、
その時、いっぱい食べたし、お昼ごはん作るの、面倒だなあ、
もうお昼食べなくてもいいんじゃない?
ダイエットにもなるしさぁ、
早めに夕食を作ろうかなあ、

と夫と話していたら、
マッチ、またも「…。」無言。
バタンと大きな音を立てて、自室に入って行きました。

あれ?怒ってんのかな。と思いましたが、
その数分後、

すごく不機嫌な顔で、部屋から出てきて、
私の近くまで、ぐいっと近づき、
手に持っていたiPadで、

「次回は…」とプンスカ😠怒りながら打ち始め、

次回は、土曜日日曜日のお昼、
お昼ごはん、食べさせてください。
」と

読み上げるわ、文字を見せるわ、
ぐうたらな手抜きすぎの親、
理路整然とマッチにすごく叱られました f^_^; ゴ、ゴメン。

マッチ自室に入ってからの数分間、ひとりで、

「( ̄Д ̄) 昼ごはん、ないとか、考えられん!
昨日は遅くなったぐらいだったから、なんとか許せたけど、
今日は昼ごはん、ないとか、考えられんし!
これは、ちょっとしっかり伝えとかんと、
改善されんわ!」と考えていたのかと。

急いでお昼を準備しました。
夫に言われると腹立たしいことも、
マッチに言われると
すごく効きます。しかも、なんだか、ちょっとうれしい。











2017年7月 6日 (木)

手続きなど。

マッチの誕生日が近いので、
支援や手帳などなど
手続き関連に追われます。
日々、私はジム通いを優先するうち、
書類提出を忘れそうになる、という σ^_^;。

さあさあ、行かなくては。

市役所。



いくつかの課をうろうろ。

窓の外見たり。



はあ、とりあえず、今できる用事は終了。

うどん食べて帰るのだ!

市役所近くのこのお店が、
私はいちばん好きです。写真はありませんが。
市役所へ来たら、はずせないご褒美うどんのスケジュール。

でもお昼時間だけは、ずらさねば、
お勤めの方たちで大行列になります。
急げ〜!

間に合った。まだ空いてる。
「ひやしひと玉」注文してと、
今日は、おイモの天ぷらを。

どして、こんなにおいしいんだろうか。
ひやしは特にコシがある、
あついのは、ダシがおいしいけれどね…と思いながら、
さ、集中して食べます。のどにツルツル。時々カミカミ。はあ、やっぱり、ココだ、

スタッフさんは、どんなに忙しくても、
みんな笑顔で優しい、自然体。

いいお店だなあ。

胃カメラがうどんなら、
県民はラクに検査できるかも〜、などと考えつつ、ツルツル完食。
いつもながらの美味でした。

さて、となりのお店へ。



市役所に行くと、
必ず母に買って実家に持っていく和菓子。

ぶどう餅。





私は食べませんが、
母の大大好物。

一気に数本食べてしまうそうです。

渡すと母の目がハートlovelyになるのがおもしろいですsmile







2017年6月28日 (水)

麻央さん。

小林麻央さんが亡くなられ、
悲しい気持ちになりました。

奇跡が起こってほしかった、
奇跡が起こるのではないかと思えるほどの
母の強さがありました。

闘病、大変ななかで、本当に頑張られて。
敬意を表したいです。

若くして亡くなると、
「無念だったことでしょう」とよく言われます。

でも、精一杯生きた人生に、
人が決めつけることは、失礼ではないかと、
私は思っています。

愛する家族に囲まれた時間は、
何ものにも代えがたいもの。
それは、時間の長さだけではないようにも思えます。

同時に、ご家族の悲しみは、いかばかりかと、
胸をしめつけられます。

会いたいのに、
どうやっても会うことができない喪失感。
考えると辛くなります。

私も父が亡くなった時、
お葬式までは、実感もなく、忙しく動いて、
家に帰ってきて、横になった瞬間、
どーんと襲ってきた悲しさ、孤独。

次の日もその次の日も、目がさめると、
今日も父はいないのだ、もうずっといないのだと、泣けて泣けて。

もがいている時、小学生のマッチの存在がありました。
いつも通り過ごし、遊ぶ、明るいマッチ。
マッチを抱きしめ、寄り添う時に、
進む道の光が遠くに見えました。

ずっと続くと思った暗闇は、日を重ねるごとに、
少しずつ、少しずつ、薄らぎました。
悲しさがなくなるわけではなくて、
激しさから、
日常生活のなかに薄く溶けていく感じでした。

ご家族も今本当にお辛い。
でも、どうか、お身体気をつけて
お子さま方を包まれて、過ごしていただきたいです。

たくさんのものを残された麻央さん、
今もきっとご家族とともに。
その思いは受け継がれていかれます。

心からご冥福をお祈りいたします。












より以前の記事一覧

その他のカテゴリー